明日は土用の丑の日

こんにちは。
手から笑顔を伝えるえんたーてぃなーOnの操です。

オリンピック開催されていますね。
なんかやっぱりいいですね。
上手く言えないけど、
何かに打ち込む姿に感動するし、
選手の涙する姿に、こころ打たれ一緒に涙しちゃう。
涙腺壊れてるかも。

さて、明日28日は『土用の丑の日』うなぎを食べる日ですね。

「土用」ってご存じですか。
土用は中国から伝わった「陰陽五行思想」に基づいています。
夏の土用を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は土用は年に4回あるんですよ。
季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間に割り当てられています。
この時季は土の気が盛んになるとされ、「土旺用事」と呼ばれてそれが「土用」になったそうです。

なぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになったか?
それは江戸時代に入ってから。きっかけは幕末の発明家・平賀源内がうなぎ屋に
「本日、土用丑の日」と張り紙することを勧めたからと言われています。
そもそも、天然うなぎの旬は秋から冬です。夏になると必然的にうなぎ屋の売上は落ちてしまう。
そこで販売促進として「土用の丑の日=うなぎ」というイメージを利用することを勧め、結果この作戦がみごとに当たり、人々の間で土用の丑の日にうなぎを食べることが習慣化したのです。

元々は、土用の丑の日に「う」が付くものを食べると夏負けしないという言い伝えがあるそうです。
うどん、瓜、梅干し、馬(肉)、牛(肉)などがそれ。うなぎもここからヒントを得たようですね。

土用は季節の変わり目に当たる期間ですから、体調の変化が出やすい時。
体にいいものや栄養のある優しいものを食べてゆっくり過ごて、次の季節に備えましょう。

さて、明日はどの「う」のつく食べものをたべようかな。

うなぎの蒲焼のイラスト

最後までお読みくださりありがとうございます。

次の記事

一生勉強